読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂流する主婦

根無しのアラサー主婦 日々の記録

レザーメンテナンス「Hanakoya」にFENDIバッグのリペアをお願いしたお話(1) - 依頼先の検討編

母が20年ほど前に購入したきりしまいこんでいたFENDIのバッグをお下がりで譲り受けました。

寝室のクロゼットの奥の奥から発掘されたそれは、一度も使用していない(らしい)のに、そばかすのようなシミだらけ。

f:id:hyoryu2016:20161128124502j:plain

ハンドル部分にも赤みがかった斑点があります。

f:id:hyoryu2016:20161128124535j:plain

f:id:hyoryu2016:20161128124601j:plain

f:id:hyoryu2016:20161128124634j:plain

サイズ感といい、アイボリー×山吹色のコンビネーションといい、とっても私好みだったので、リペアして絶対使いたい!と思い、いくつかレザーメンテナンスのお店を調べてみました。

実は数年前、お店選びに失敗してしまった経験があった*1ため、今回はかなり慎重になりました。まずは現状の写真と仕上がりの希望をいくつかのお店にメールして、相見積もりを取ることに。

 

見積り依頼内容

  • 染料でべったりした仕上がりにならず、ナッパレザー本来の風合いを重視してほしい。頑固なシミであっても、完全に消すことを優先せずに、自然な仕上がりになることを重視してほしい。
  • 予算は20,000円前後。これは素人の私ではリペア内容に対して適正価格か判断しかねましたので、実際に伏せています。ただし、「あまりに高価になるようであれば濃色で染め替えも検討したいので、価格と仕上がりのバランスを考慮してほしい」と依頼しました。

仕上がりの希望についてはかなり個人的な主観になってしまうことから、「面倒くさい客だな」と思われる覚悟もしていた反面、相手はもちろんプロですから、もっともっと繊細な革製品のリペアの実績もおありでしょうし、そこはスマートに対応していただけるだろうとタカをくくって依頼しました。

 

見積りを依頼したお店と、メールでの回答

ドクターレザー

私たちドクターレザーはバッグ並びに革製品全般の染め修復・修理を専門とし、メーカーや百貨店などの企業様をはじめ一般のお客様からも広くお修理の依頼を承っております。 

私たちドクターレザーはバッグ並びに革製品全般の染め修復・修理を専門とし、メーカーや百貨店などの企業様をはじめ一般のお客様からも広くお修理の依頼を承っております。 私たちドクターレザーはバッグ並びに革製品全般の染め修復・修理を専門とし、メーカーや百貨店などの企業様をはじめ一般のお客様からも広くお修理の依頼を承っております。(中略)バッグに限っては筆で革を塗ると必ず塗りムラが出てきますし、塗膜が厚くなり不自然な仕上がりになります。また塗膜が厚いと後々、割れてきたり、剥がれやくなります。安価なのはバッグ専用の特殊染料を使用せず、市販のくつの染料を使ってバッグを染めていたり、経験を積んだ革専門の技術者が染めているのではなく経験の乏しい素人が塗っているためだと思われます。弊社の技術者たちは長くリペア業に関わり、他では出来ない特殊技術を習得しており、主にエアガンを使用しお直しをしています。どうぞ安心してお預けください。

引用が長くなりました。上記赤字で示したところ、以前の失敗に心当たりのあったところです。また、ここまで言い切ってしまうところにもクラフトマンシップを感じ(こういうのに弱いのです)、見積りを依頼しました。回答はすぐに頂けました。

バッグの写真を拝見いたしました。 
バッグ全体のお染め直しになります。 
一色での染め直しになりますので、 
バッグ全体が同色になり、ペタッとしたイメージに染め上がります 
 
お見積り金額 : 25,920円 
納期期間 : 約1ヶ月~1ヵ月半 

ここはないな、と思ってしまいました。ホームページで感じた熱量がまるで感じられない。染め直し・染め替えも視野に入れて、とは見積り依頼の際に書き添えましたが、現物も見ていないのに言い切られてしまうと不安を感じます。こういうサービスって

  1. メールで事前見積りと打ち合わせ
  2. 商品到着後に再度見積り・作業内容の提示
  3. 依頼者からGOが出たら作業着手(NGの場合は契約は不成立で、依頼者負担で品物を返却)

ぐらいのフローで進むと思っていたので(実際はそのようにされているのかもしれませんが)、サービスについて「方向性の違い」を強く感じたので、残念ながら依頼を見送りました。

 

Hanakoya(はなこや) ★ 比較検討の結果、こちらに依頼しました

数年前に見た時からホームページが大きくリニューアルされていました。デュベティカやモンクレールのダウンクリーニングもやっているようです。クリーニング屋さんで断られることも多い(と聞く)マッキントッシュのクリーニングもお願いできるようです。

こちらからは、非常に丁寧なご回答をいただきました。

お問い合わせの件ですが、変色や退色、またカビ跡がある場合は色補正を施すことで補修可能かと思われます。 
ナッパレザーとのことですので柔らかい質感かと思いますが、染色することで若干の質感の変化がございますことご了承くださいませ。また風合いを重視し染色いたしますので、若干変色箇所が透けてみえる仕上がりとなる場合もございます。一度状態をみてご案内させていただければと思います。 
また今後カビが生えにくい加工(防カビ加工)もございますのでご検討頂ければと思います。 
 
ケア内容は全体クレンジング・染み抜き・下地処理・色補正・防カビ加工・撥水加工・クリーム保湿です。 
仕上がり期間は4週間です。 
 
今回のお見積りです。 
 
バッグ       16,000円(オフホワイト) 
防カビ加工      3,000円※ご提案 
返送料       サービス 
------------------------------ 
合計        19,000円+消費税

仕上がりに対する不安を払拭しつつ、希望通りに仕上がらない可能性にまで言及されています。素晴らしい。最重要事項である「レザーの風合い」に対してかなり神経質になっていることもしっかり汲んで頂けた感触がありました。

 

依頼先の検討 まとめ

先にも書いた通り、こちらのハンドバッグはHanakoyaさんにリペアをお願いすることにしました。

実はもう1件、こだわりの個人工房のようなお店にも見積り依頼のメールを送りましたが、そちらからは返信がありませんでした。ブログで他店の批判をしたり、技術の自慢をするならばそちらもしっかりせいよ。とはいえかなり「ウデに自信あり」な職人さんのようで、リペア事例もなかなかのものでした。条件が合えばお任せしてみたかったのですが、残念です。

次回は肝心の仕上がりについて。先に書いてしまうと、とっても満足のいくものが届きましたよ。

 

続きはこちら:

*1:愛用していたキャビアスキンの財布の劣化が激しく、ネットで見つけたお店にメンテナンスをお願いしたのですが、 染料でべったり平面的な仕上がりで合皮のようになってしまいました