読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂流する主婦

根無しのアラサー主婦 日々の記録

職業訓練校の選考試験対策(3) - まとめ

転職・就職

最終回です。まとめ。

補記) 筆記試験・面接のほかに、エントリーシートを書く場合も

試験開始前に、簡単な様式で志望動機などを問うエントリーシートを記入した訓練校がありました。選択式の問いが10問程度と、記述式の問いが2問程度でした。 

基本的には後から面接で聞かれることをなぞる形式でした。面接で伝えることとギャップがないようにした方が良いと思います。

 

まとめ 戦略的に選考試験を受けてみる

選考試験にあたっては、受講希望者が「訓練の先に早期再就職を見据えており、その可能性があるか」がキーになるようです。 

特に委託先での訓練は、受講生の再就職をコミットした上で訓練実施を都道府県等から受託しているようです。普通の会社と一緒です。「当校で失業者を職業訓練させて、最低XXパーセントは再就職させます。だから契約をください」、こんなイメージです。 

そんな経緯で契約を取ってきた(かもしれない)訓練校に入校するために、どんなことをアピールすれば良いでしょうか。 

「貴社(=訓練委託先)がお客様との契約を高いパフォーマンスで達成するために、いい商品(=私)がありますよ」 

ちょっとこずるいです。でも、就職・転職面接と一緒です。自分という商品を売り込む心持ちでいくくらいがちょうどいいと思います。 

また、意欲があるのはもちろんのこと、訓練内容×個人的な要因(年齢・性別やこれまでの経歴、希望職種など)がマッチしていることも重要だと思います。 このあたりを面接でうまくストーリーテリング出来ると響くと思います。

 

以上、職業訓練の入校試験について、ハローワーク職員の方や受講者の方から聞いた情報などをもとにまとめてみました。少しでもみなさまのご参考になれば幸いです。 

試験の内容や実施要領については、当然ながら地域・委託施設等の条件により異なります。管轄のハローワークの職員の方にきちんと確認してくださいね。