読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂流する主婦

根無しのアラサー主婦 日々の記録

ミニマルコストでMVNOへ脱ドコモする(2) - IIJへ転入実践編

* これらの記事は、2016年2月ころに執筆したものです。手数料・サービス内容などが変更されている可能性があります。キャリア変更・MNPの際には必ずご自身で最新の情報をご確認ください。

 

ドコモ解約解禁!のきょう、さっそくIIJMNPしました。

 使用感やかかった実費の検証は後日行うとして、BIC SIMカウンターでの手続き~開通作業までをざっと記録しておきます。

  • 平日夕方超空いてた。仕事終わりのお客さんが集中しそうな時間を絶妙に外せたのでしょうか。私以外に待ち客はなく、速攻でSIMカードも発行されました。やったね。
  • カウンターではiPadを使用した手続き。今後IIJで使用するmioIDも発行。
  • 使用中の端末はmicroSIMタイプでしたが、MNPにあたって新規発行するSIMはnanoサイズにしてもらい、アダプタも一緒に購入しました。今後の機種変更は、安価なSIMフリー端末を使い捨てしていくつもりなので、身動きとりやすいように。但し、アダプタを使用した場合の動作保証はナシ。私の場合、そもそもIIJで動作保証してる端末でなく、このへんは多少賭けに出た感はありますが、最悪SIMサイズ変更してもらえばいいかと軽く考えてました(結果オーライ)
  • BIC SIMが無印IIJ mioの上位互換といわれる所以、Wi2サービスについては、約1週間後から申し込みが可能。即日使用可能と思ってた。数日後に小旅行の予定があるので、1週間を待たずに試してみるつもり
  • 帰宅後開通。SIMも無事読み込む。APN設定して、電話もつながることを確認

さて、転入前にやっておいたことは

  • キャリアメールに代わるメールアドレスの取得
    Gmailにしました。「hop」というメールアプリで、チャット形式でやり取りが表示され、プッシュ通知にも対応しています。使用感はLINEと似ており、これまでのドコモメールアプリよりも使い易さはぐんと上がりました。
  • みおふぉんユーザ必携?アプリのインストール
    高速通信ON/OFFを切り替える「みおぽん」、架電時にプレフィクスを自動付加することにより通話料を節約可能な「mioプレフィクス」(*IIJ公式アプリではありません)を入れておきました。ちなみに、みおふぉんダイヤルが使用可能になるのは契約日の翌日9時以降とのこと。確かに契約日当日の今日時点では、通常発信は問題なく使用できましたが、プレフィクスを付加して発信すると「お客様の回線からはお繋ぎできません。みおふぉん等SIM契約が必要です」といった内容のアナウンスが流れ、発信できません

こんなところでしょうか。よく言われているLINEのID検索機能ですが、先ほど確認した限りではまだ使えました。バッチかなんか走って、あるときから使えなくなるのかな?

MNPにあたっては、ドコモの解約金発生の有無を考えるところから始まって、自分のこれからのスマホ運用方法を考えながら、アプリケーションや契約先、料金プラン等を検討していきましたが、なかなか疲れました。

とはいえ、先達が残した有用なブログエントリがたくさんあったおかげで、かなり慎重に動けたと思います。いろいろ書き残したいこともありますので、またのタイミングで追記していきたいです。

 

続きはこちら: