読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂流する主婦

根無しのアラサー主婦 日々の記録

ヤベエ会社に入った話

転職・就職

もう時効と思うので書きます。

離職していた期間、家にいるのも暇なので、パートで事務員でもやろうかな~と思って求人誌をぺらぺら。 

時給・仕事内容も申し分ない(というか負荷が低そう)と判断したので、面接をしていただきました。事業所長とお話もはずんで採用していただくことになりました。 

結論から申し上げるとこれがとんでもねえヤベエ会社で、何がヤベエのかと言えばすべてがヤベエのですが、知人に話すと結構喜んで聞いてもらえるので書きますね。もう時効だしね。 

f:id:hyoryu2016:20161128205228j:plain

ここがヤバイ: 

社内規定・内部統制
  • 入社する社員に実印を押印させた書類と印鑑証明を提出させる

    ちなみに同時に提出する誓約書には、「業務上発生した損害については、故意過失を問わず無限に損害を賠償させるかもよ(意訳)」という旨の記載がありました。数社の入社誓約書を見たことがありますが、こんなに不安な気持ちにさせられたものは初めてでした。ヤクザの念書かよ。 

  • 正社員の定義が「有期契約社員

    正社員と聞いてどんな雇用形態を想像しますか。無期雇用=正社員というイメージがありませんか。どっこいこの会社は「正社員採用」として応募者をつのって、入社日以降に締結する雇用契約書の段階で「弊社の正社員とは「1年更新の有期契約社員」を指します」と説明するのだそうですよ。ちなみにこの時すでに、前述の実印押印した誓約書と印鑑証明は先方の手に渡っています。

  • 社員の個人情報の管理がお粗末

    応募時の履歴書や職務経歴書はもちろん、社会保険もろもろの手続きに必要な情報もすべて、施錠されていない書庫に保管されています。今話題のマイナンバーも。詳細は控えますが、給与の支払対象人数は1,000人以上あったようです。

  • 会社資金の横領が容易な環境

    従業員でも役員でも何でもない「社長の娘」が会社名義の現預金を自由に引き出せる仕組みになっていました。月次決算時に初めて不足が分かるそうです。出納業務がルーティン化されていない時点で「お察し」案件ですね。ここで先の誓約書の文言を思い出すと、差額の補填まで強いられるような気がして、足元がフワフワしたのを覚えています。

従業員の意識
  • 失踪した社員の借金・租税の督促連絡がある

  • 退職したはずの社員が「残務処理」として無給で業務を行なっている

  • 毎月45時間超えの残業が横行、もちろん無給

    若い社員が多かったようですが、彼らはこの状況に不満を持ちながらも疑問を持つまでには至っていないようでした。洗脳に近い。 

 

不正会計のお手伝いはしたくなかったので辞めました

私がこちらの会社に身を置いていたのは本当に本当に僅かな期間でしたが、「オーナーが身内の私腹を肥やすことだけを目的としたペーパーカンパニー(群)」というのが私の結論です。

興味のある方は「損益通算」とか「グループ法人税制」とか「ペーパーカンパニー」とか「ホールディングス」とか調べて仮説を立ててみてください。それで合ってます。 

ちなみに、「正社員」という雇用形態について、法律上の定めはないようです。ですので、「常識的に考えたらアウトだけど法律上はセーフ」といったところでしょう。 

この会社が悪徳社労士・税理士あたりを抱き込んでいるのはまず間違いないと思います。なんとか一度お目にかかりたかったものですが、残念ながらその機会には恵まれず、消えてしまいました。私が。 

 

さいごに

適法・違法の問題以前に、「社会通念上妥当か」という物差し・バランス感覚で仕事をするのがビジネスパーソンだと私は思います。これが欠けているのは相当ヤバイですよ。会社ごっこじゃないんだから。 

大企業がコンプライアンスでガチガチに縛られていくなか、こんな中小企業が野に放たれたままであれば、新卒学生が大企業病になるのも頷ける気がします。たぶん本能でしょう。 

さいごのさいごに、転職活動中の方がありましたら、「個人情報の渡し先として信用に足る会社か」という尺度も頭のかたすみに置いてみてください。例えばマイナンバー、使途はまだまだ拡大していきますよ。